日帰り白内障、眼瞼下垂症手術なら

白内障とは

白内障は目の中にあるピントを調節する水晶体が主に加齢などの理由で濁る病気です。水晶体は毛様体筋の作用により分厚くなったり薄くなったりして遠くを見たり近くを見たりピントを合わせる働きをします。

加齢により水晶体が固くなると厚みの変化が難しくなりピントを調節することが難しくなります。(老眼になるなど)

白内障の症状として、視力が落ちた、目がかすむ、まぶしいなど水晶体の濁り方によっても変わってきます。また白内障は加齢による変化でもありますので80歳にもなると100%生じます。治療としては薬物療法、手術とありますが濁った水晶体は手術でしか濁りを取り除くことができません。

TOPへ