日帰り白内障、眼瞼下垂症手術なら

緑内障とは

緑内障は日本人の40歳以上の方で20人に1人いるといわれております。緑内障は眼圧が高いことにより視神経に障害が起こり、網膜神経線維の障害を受けた部位に一致して視野が欠けてきます。視野が欠けていることを自覚した段階ではかなり進行している場合があります。

実は緑内障の8割の方は眼圧が正常値の範囲内である正常眼圧緑内障であり、眼圧が正常値だから大丈夫というわけではありません。

健康診断などで視神経陥凹拡大の疑いや視神経異常が指摘されている方は緑内障の疑いがありますのでお気軽にご相談ください。

緑内障診断の流れ

緑内障性視神経障害所見、緑内障性視野障害所見などを認める場合、治療を考慮します。

緑内障の治療

緑内障の治療は眼圧を下げることになります。初回受診時からいきなり点眼治療をすることはよほどのことがない限り致しません。まずは無治療時の眼圧を日を変えて複数回測定後、目標眼圧を設定します。眼圧を下げる点眼を使用し、目標値に達しない場合は複数剤投与が必要になります。

点眼治療では眼圧が下がらない場合、SLTレーザー治療(選択的レーザー線維柱帯形成術)や手術治療を考慮します。

TOPへ