日帰り白内障、眼瞼下垂症手術なら

眼瞼下垂症とは

 眼瞼下垂症はとても身近な病気です。おでこに皺があるお年よりの方を多く見ることがあると思いますが、そういった方は眼瞼下垂症になっている場合があります。

 瞼は覚醒中は無意識のうちに開いています。これは瞼を挙げる筋肉(眼瞼挙筋やミュラー筋など)の作用により瞼を挙げていますが、これらの筋肉や神経(交感神経、動眼神経など)の異常により眼瞼下垂は生じます。

 眼瞼下垂症が生じてくると無意識のうちにおでこで瞼を開けようと頑張って目を見開いている状態、おでこの筋肉を使って(前頭筋の収縮によって)目を開けようとします。それでも瞼が黒目(瞳孔)にかかるような状態になるとひどい場合には顎をあげて物を見るようになってきます。

 症状としては上のほうが見えない、頭痛がする、目が疲れるなど認めます。また首や肩に負担がかかり、肩こりの原因となります。

 多くの場合、加齢やアトピー、ハードコンタクトレンズの長期装用が原因です。まれな例として脳動脈瘤や重症筋無力症などがあります。

 また似たような疾患として偽眼瞼下垂症があります。筋肉や神経に異常は無いけれども瞼の皮膚のたるみが瞳孔にかかってしまう場合を言います。

TOPへ