日帰り白内障、眼瞼下垂症手術なら

手術紹介

白内障手術

 白内障の手術は手術の飛躍的な進歩により現在では短時間の手術でその日のうちに帰宅できるようになりました。白内障の手術は10分程度の局所麻酔(目薬による麻酔)により行います。水晶体に穴をあけ、中の濁りを特殊な超音波を発する白内障の機械で砕いて吸い取り、残した水晶体の袋に人工のレンズを挿入します。

眼内レンズ

人間の水晶体は毛様体筋の働きで厚さを変化させ、見るものにピントを合わせる働きを持ち合わせておりますが、眼内レンズは厚みの変化ができないためピントを調節することが難しくなります。

遠くにピントをあわせると老眼鏡が必要、近くにピントを合わせると遠くを見るときに眼鏡が必要になります。

レンズ自体の細工により、焦点をいくつか分配したレンズが多焦点眼内レンズになります。多焦点眼内レンズですと、術後眼鏡の装用が不要になる(9割の方)といわれております。単焦点眼内レンズとのレンズの差額が自己負担になります。

眼内レンズの種類

当院の白内障手術の特徴としまして前眼部OCTを使用した角膜形状解析にあります。乱視の検出や多焦点眼内レンズの適応判断などより精度の高い白内障手術を提供できるよう努めて参ります。

利点として、眼内レンズによって矯正可能な乱視を検出することができ、より精度の高い白内障手術を提供します。

眼瞼下垂症手術

当院ではCO2レーザーを使用して眼科手術顕微鏡を用いたミュラー筋タッキング術(瞼を挙げる筋肉を折りたたむ方法)を施行しております。眼科医は日ごろから手術顕微鏡を用いて手術をします。この方法であればミリ単位での手術が可能です。手術時間は片眼30分程度で基本的には両眼同時に行います。勿論保険診療です。

CO2レーザーは出血を最小限に抑えることのできるレーザーメスで、術後の腫れをできる限りおさえます。また、出血が少ないので組織の同定が容易で、手術時間の短縮にもなります。

ハードコンタクト長期装用による眼瞼下垂の方術前

術後半年です

緑内障手術後の右眼の眼瞼下垂。術後三ヶ月です。

TOPへ